トップページ > メールマガジンのお申し込み > メールマガジンバックナンバー <第50号> 「美的生活☆うるおいマガジン」
黒酵母 βグルカン(ベータグルカン)研究室 - βグルカン(ベータグルカン)総合研究所 - メールマガジンバックナンバー

<第50号>「美的生活☆うるおいマガジン」

              うるおいのある華やかな生活のご提案
    美容健康情報をお届けするβグルカン総合研究所メールマガジン

   ☆  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓   ★ 
   \┏━┫    美的生活☆うるおいマガジン    ┣━┓/  
 ★ ─┃ ┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛ ┃─ ☆
    ┗━━┛                   ┗━━┛ 


 ==================================================================
 │                   < 今月のテーマ >            │
 │                               │
 │       「紅茶に糖尿病リスクを下げる効果?」       │
 │                               │
 | 「日本一「美肌」の県は島根県 日照時間が短いことなどが影響」 │
 │                               │
 ==================================================================



        <<<<<<< 第50号 2012年12月17日 >>>>>>>


 こんにちは、編集者のぶんぶく茶釜です。

 
 早いもので拙者が夏に登場し秋が過ぎ3つ目の季節に入りました。皆様は如
 何がお過ごしでしょうか?


 寒い季節にピッタリの食べ物と言えば鍋・おでん等ですよね、お酒を飲みな
 がら気の合う仲間と鍋を囲むのは楽しいひと時を過ごせますよね。


 ところが拙者、数年前に鍋で大変なおもいをしました…‥‥ この続きは後ほど。


 
 今回も「今月の気になるニュース」をお知らせします。
 皆さんからのお便りもお待ちしています。 


 「美的生活☆うるおいマガジン」では、読んでて良かったぁ☆と思え
 る情報を、全力でお伝えしていきますので、末永いお付き合いをどうぞよろ
 しくお願い致します。
 今回もどうか最後までお付き合いくださいね。


 ご意見、ご感想もお寄せください。
 あて先はこちら⇒ beta-science@adeka.co.jp
 



○●○★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ★=☆ 美的生活☆うるおいマガジンvol.50 もくじ ☆=★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★○●○

 1.今月の耳寄り情報・・・得する情報、役立つ情報

   「紅茶に糖尿病リスクを下げる効果?」
   
   「日本一「美肌」の県は島根県 日照時間が短いことなどが影響」

 
 2.編集後記


●○●○●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           1.今月の耳寄り情報・・・得する情報、役立つ情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●○●○●


・「今月の耳寄り情報・・・得する情報、役立つ情報」は、


----------------------------------------------------------------------
1.紅茶に糖尿病リスクを下げる効果?
----------------------------------------------------------------------

・紅茶消費量の多い国では2型糖尿病有病率が低いことが、独立系の生物科学
 研究機関データ・マイニング・インターナショナル(スイス・ジェノバ)
 のAriel Beresniak氏らによる数学的な解析研究で明らかになった。


・紅茶の日常的な消費が糖尿病および肥満リスクを減らすことは、生物学や生
 理学、経済学分野の研究でも過去に示唆されており、これを裏付ける結果となる。


・「BMJ Open」に11月8日発表された論文によると、同氏らは、世界50カ
 国における紅茶の2009年消費量と、糖尿病および癌、呼吸器疾患、感染症、
 心血管疾患といった疾患の有病率を比較検討した。


・紅茶の消費が最も盛んだったのはアイルランドで、国民1人あたり年間
 消費量はおよそ4.4ポンド(約1995グラム)を超えていた。


・英国、トルコでもこれと近い量が消費されていた。逆に消費量が少ない国は
 韓国、ブラジル、中国、モロッコ、メキシコだった。


・紅茶消費量と各疾患の関連を解析したところ、糖尿病有病率は紅茶消費量の
 多い国で低い、という有意な関連が明らかになった。


・糖尿病以外の疾患では紅茶消費量との関連は認められなかった。


・同氏らによると、紅茶は健康に良い影響を及ぼすフラボノイドを何種類も
 含有しており、醸造の過程でフラボノイドを放出する。


・同氏らはこの結果について、「世界レベルで有益な科学的情報を追加したと
 いえる」と述べている。


・同研究は紅茶と2型糖尿病有病率の間に数学的な関連性を確認したもの
 だが、その因果関係を明らかにしたのではない。


・国際糖尿病連合(IDF)によると、2010年時点で世界に2億8500万人
 と推計される世界の2型糖尿病患者数は、2020年には4億3800万人
 まで増えると予測されている。


 (HealthDay News 11月8日)



----------------------------------------------------------------------
2.日本一「美肌」の県は島根県 日照時間が短いことなどが影響
----------------------------------------------------------------------

・化粧品メーカー「ポーラ」は11月8日、独自の調査による都道府県別
 「美肌ランキング」を発表した。日本一肌のきれいな女性が多い都道府県は、
 島根県だった。


・街の男性から聞かれる、「素肌のきれいな女性はすてきですよね」、
 「白くて、ぷにぷにしている肌が好き」といった声。


・ポーラは、全国のおよそ8万人の女性の肌データを独自に集計した。


・そして、肌の「きめの細やかさ」や「潤い」、「シミやシワのできにくさ」
 などの観点でデータを解析し、肌が美しい女性が多い「美肌県」を発表した。


・栄えある1位に輝いたのは、島根県だった。


・「美肌県1位」の島根女性は、「うれしいですね」、「色白で、肌きれいな
 人が多いなって思いますね」、「島根県は、美人な人が多いです」などと話した。


・「美肌」と評価されたわけは、シミやシワが最もできにくく、肌の潤いや
 きめの細かさが、全国で軒並み上位を占めていたこと。


・なぜ、島根県の女性の肌はきれいなのか。


・ポーラの別井瑛奈さんは「島根は、日照時間が比較的短いので、紫外線の影
 響を受けにくい。空気の潤いが、割と高かったので、お肌が潤いやすい環境
 がある。喫煙している方の率が一番低かったので、そういったところが合わ
 さって、美肌として1位だったのかなと思います」と話した。


・美肌には、その土地の気候条件が強く影響しているという。


・島根県は、湿度が東京と比べて年間を通して高く、女性の喫煙率が全国で
 最も低いのが特徴となっている。


・島根県の女性は、「日に焼けないようにするのは、すごく気をつけているの
 と、化粧水は惜しみなく使ってます。」、「(きれいなお肌ですね) 全然ですよ。
  (美肌の秘訣(ひけつ)は?) 化粧水と保湿クリームだけです。」、
 「(お肌つやつやしてますね) 恐れ入ります。(島根は) 湿気があるでしょう。
 山とか宍道湖の。その水分が、お肌にいいと思うんですよ。
 乾燥しないという。」などと話した。


・さらに、美肌の理由は、もう1つあった。


・島根県の女性は、「いい温泉もあるし。」、「温泉? 玉造温泉とか。」と
 話した。


・島根・出雲市には、「美人の湯」として知られる「湯の川温泉」が
 あるほか、松江市にも「玉造温泉」など、県内に多くの温泉地があるのも、
 美肌女子が多い理由なのかもしれない。


・そして、美肌県ランキング2位と3位は、山梨県と高知県だった。


・山梨県は、肌に対する意識の高い女性が多いこと。高知県は、降水量が全国
 で最も多く、肌の潤いがキープしやすい環境が整っているという理由から選
 ばれた。


・また東京は、美肌への意識が全国でも高いことから、8位にランクインした。


 (FNNニュース 11月9日)



○●○★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 ≪編集後記≫
 
 なんと、鍋に入っていた鳥肉におおあたり〜してしまい、腹痛、嘔吐、
 発熱、で病院送りとなり、それ以来、焼き鳥・唐揚げ等は食べられるのですが、
 鍋に入っている鳥肉を食べると調子が悪くなり、今では鍋の鳥を見ると
 鳥肌が立ちます…。


 お後がよろしいようで。

 
 皆様、今年一年お付き合いいただき有難うございました。
 来年もよろしくお願いいたします。


 ご意見、ご感想などもお寄せください。
  あて先はこちら⇒ beta-science@adeka.co.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★○●○

 ◎発 行 日       :月1回(第三月曜日)
 ◎発 行 元       :株式会社ADEKA ライフサイエンス材料研究所
 ◎発 行 人       :βグルカン総合研究所編集室
 ◎βグルカン総合研究所HP
           → http://www.black-yeast.info/
           → http://www.mugi-lab.info/ 
 ◎お問い合わせ :   http://www.black-yeast.info/inquiry/form.html

 Copyright(C) βグルカン総合研究所編集室 All Rights Reserved  
    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★○●