トップページ > メールマガジンのお申し込み > メールマガジンバックナンバー <第41号> 「美的生活☆うるおいマガジン」
黒酵母 βグルカン(ベータグルカン)研究室 - βグルカン(ベータグルカン)総合研究所 - メールマガジンバックナンバー

<第41号>「美的生活☆うるおいマガジン」

              うるおいのある華やかな生活のご提案
    美容健康情報をお届けするβグルカン総合研究所メールマガジン

   ☆  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓   ★ 
   \┏━┫    美的生活☆うるおいマガジン    ┣━┓/  
 ★ ─┃ ┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛ ┃─ ☆
    ┗━━┛                   ┗━━┛ 


  ==============================================================  
  │                   < 今月のテーマ >                   │
  │                                                          │
  │      「 新年度から始める健康美容習慣 」       |
  ==============================================================  



        <<<<<<< 第41号 2012年3月19日 >>>>>>>


 こんにちは。メルマガ副編集長の腹黒ハチです。


  寒い日が続いていますが、3月という事もあり2月より、寒さは緩んできた
 のではないでしょうか。


 花粉症の人にとってはそろそろシーズンインといったところで、くしゃみや
 鼻水が出始めているそんな季節ではないでしょうか。
 

 皆さんの調子は如何でしょうか。私は、寒さにも負けず、先日スキーの検定
 会に出かけて参りました。

 
 この続きは、のちほどまた!
 


 さて、「美的生活☆うるおいマガジン」では、読んでて良かったぁ☆と思え
 る情報を、全力でお伝えしていきますので、末永いお付き合いをどうぞよろ
 しくお願い致します。


 ご意見、ご感想もお寄せください。
 あて先はこちら⇒ beta-science@adeka.co.jp
 

 今回も最後までおつきあいよろしくお願いいたします



○●○★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ★=☆ 美的生活☆うるおいマガジンvol.41 もくじ ☆=★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★○●○

 1.麗子先生の健康美容コラム
   
   <今月のテーマ >
    「新年度から始める健康美容習慣」

 2.編集後記


●○●○●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      麗子先生の健康美容コラム 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●○●○●

・黒酵母麗子のプロフィールについては、黒酵母βグルカン研究室のHPをご
 覧ください。⇒ http://www.black-yeast.info/


・βグルカンについての詳しい情報は下記をご覧下さい。

  ◆○ βグルカン総合研究所HP ○◆
  ----------------------------------------

     黒酵母βグルカン研究室
     http://www.black-yeast.info/
     大麦βグルカン研究室
     http://www.mugi-lab.info/ 



・第41回、今月のタイトルは、

----------------------------------------------------------------------
 「テーマ:新年度から始める健康美容習慣」
----------------------------------------------------------------------

・まだ、朝晩の肌寒さはありますが、日中は暖かくなって来ました。桜の季節
 まであと少し。


・来月より新年度が始まります。この時期、就職や進学など、新しい環境に対
 して期待が膨らみます。


・NHKの語学講座や趣味の講座が始まるのも4月からですね。そのタイミン
 グで、なにか資格や特技を身につけようと考えている方も多いのではないで
 しょうか?


・一方、このような環境変化の反動として、疲れが一気に噴き出し、不眠、疲
 労感、やる気が出ないなど、理由の不明確な体や心の不調に陥ることもあり
 ます。


・これは「五月病」として知られていますが、医学的には「うつ病」と診断さ
 れます。今月は、新年度から始める心と体の健康、美容習慣について考えて
 いきたいと思います。



  ≪その1≫・・・「心の健康」
>>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・大学に入りたての学生に多く見られるのが「五月病」です。


・これは大学入試という大きな目標を達成したことにより、次の目標を見失い
 5月頃に、知らずしらずのうちに蓄積されていた心身の疲れや、新しい学校
 や人間関係などに、ついていけないストレスのせいで、やる気が出ない、
 ふさぎこんでしまうなどの状態になることです。


・また、学生だけでなく、新社会人にも同様の症状が見られます。新社会人の
 場合は、新人研修などが終わって、実際の仕事をはじめた後の6月頃に見ら
 れることが多いため、「六月病」などと呼ばれます。


・自分は、「うつ病」ではないと思われている方は多いと思いますが、ある統
 計では国民の2割は「うつ病」の傾向があり、4%の方は治療はしていない
 が、確実に「うつ病」、1%の方は「うつ病」で現在治療中です。


・この数字からも、現代社会では「うつ病」は特別なものではなく、風邪と同
 じようにちょっとしたことで、誰でも罹る可能性があると考えておいたほう
 が良いようです。


・また、思い当たる節があれば、こじらせないうちに早めに専門医に診てもら
 うほうが、回復も早いようです。



  ≪その2≫・・・「運動習慣によるストレス対策」
>>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・散歩、ウォーキング、ジョギング、サイクリング、水泳、ストレッチ、エア
 ロビクスなど有酸素運動はストレス解消には効果的です。習慣化するには、
 年齢や体力、楽しい、心地よいなど自分にあった運動を選ぶことです。


・有酸素運動が効果的だという理由は、有酸素運動時にセロトニンなどの脳内
 分泌物を促進させる効果があるからだといわれています。


・セロトニンは神経伝達物質のひとつで精神面で重要な働きをしています。ま
 た、セロトニンが不足すると幸福感の喪失、いい睡眠を促すメラトニンの
 不足、ほかに、キレ易くなったり、暴力的になるといわれています。


・私は週に2回程度プールに通っていますが、泳いでいる時や泳ぎ終わったあ
 との充実感、心地よさは素晴らしいものがあります。


・仕事でストレスを感じていても肩の荷が取れ、心身共に軽くなり前向きにな
 った自分を感じることできます。


・心の健康のためにも、新年度をきっかけに習慣付けできそうな運動を探して
 みてはいかがでしょうか。



  ≪その3≫・・・「運動習慣によるメタボ対策」
>>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・心の健康のために運動は効果的であることを納得していただいたと思います
 が、錆びない身体を作るためにも運動は不可欠で、肥満を意識されている方
 はすぐにでも取り組むべきです。


・肥満により引き起こされる症状として、糖尿病、高脂血症、高血圧、血管の
 錆び(動脈硬化)が挙げれます。


・少量の内臓脂肪の増加は、動脈硬化を防ぐ善玉ホルモンを増やし、血管を正
 常に保つためのメリットもありますが、さらにもっと内臓脂肪が増加する
 と、善玉ホルモンが減少して悪玉ホルモンが増加し、動脈硬化につながります。


・また、善玉ホルモンにはインスリンの働きを助ける役割があります。そのた
 め、内臓脂肪が増加し善玉ホルモンが減少するとインスリンが効きにくくな
 るため、糖代謝が悪くなり、糖尿病を発症させたり悪化させたりします。



  ≪その4≫・・・「美容と若返りにはウォーキングを」
>>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・心と体は連動しています。有酸素運動の中でもウォーキングは心を「快」の
 状態にするのにおすすめです。


・歩き始めて15分ほどすると、爽快感をもたらすベータ・エンドルフィンが
 分泌されはじめます。歩き始めて20分〜25分くらいたつと、今度はドー
 パミンが分泌されます。


・ドーパミンは恋をした時のような、うきうきとした明るい気分になり、スト
 レスにも強くなります。


・また、40分ぐらい経つとセロトニンが大量に分泌されます。この3つの脳
 内ホルモンは場合によっては数時間の分泌が続き、その日1日をいい気分で
 過ごせます。


・また、最近の発見では、ウォーキングをすることで、若返りホルモンとも言
 われているサイトカイン10という物質が分泌されることがわかりました。


・15分〜20分歩くことで出始めますが、全身に行きわたって数時間体内に
 残すには、40分〜45分歩くことが必要です。


・サイトカイン10の大きな働きは筋肉をつくることにあり、一種の成長ホル
 モンといえます。


・このサイトカイン10は、年齢に関係なく、一定の運動をすることによって
 出てきます。


・ホルモンですから、血液中に入って全身を駆けめぐり、脳や臓器の働きを
 メンテナンスすることで活性化させ、身体全体を若々しくしてくれます。



  ≪その5≫・・・「腸年齢を若くする」
>>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・おもに運動について述べてきましたが、食事についても少し触れておきたい
 と思います。


・見た目年齢は腸年齢と言われています。腸年齢を調べる方法を考案した医師
 が、腸年齢が若いと、肌はハリやツヤを保ち、脳の衰えが少ないことも見え
 てきたと言っています。健康や若さも美肌も腸から始まるようです。


・ダイエットのために食べないようにすることも、限度を越すと悪玉菌を
 増やします。


・食べ過ぎも腸が休まるときがありません。乳酸菌や発酵食品がいいのは
 ご存知だと思います。


・それから食物繊維も水溶性と不溶性の両方が毎日必要です。白米を玄米や
 五分づき米、大麦にするのは有効です。


・同じ白米や芋類、豆類でも加熱・冷やすことで生成する難消化性でんぷんは
 小腸で吸収されずに大腸の腸内細菌によって発酵され、酪酸、酢酸に変わり、
 腸の中を弱酸性に保ち、腸内環境を整えます。


・おにぎりや冷えたお芋はいいですね。それから甘味料としてオリゴ糖を使う
 ことでやはり小腸で吸収されず、大腸に届き善玉菌のエサになります。ちょ
 っとしたことですが、やってみるとずいぶん腸の働きが良くなります。


・また、大麦βグルカンは、水溶性食物繊維としての機能とともに、βグルカ
 ンの機能として、腸内環境を整える「プレバイオティクス」として働きます。


・大麦βグルカンこれはサプリメントで摂ることをおすすめします。食事だけ
 では摂りきれないものをサプリメントで補うことで毎日快腸に過ごすことが
 できるでしょう。


・運動習慣と腸年齢を考えた良い食事習慣で、健康と美しさを手に入れましょう。



・今月の麗子の一言:

  ○ 今から考えよう、新年度からの良い習慣
 ================================================



○●○★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 ≪編集後記≫
 
 スキー場は吹雪になったり晴天になったりと慌ただしい気候変化でした。私
 は、10年以上ぶりにスキーの検定試験の会場で検定を受けていました。


 しかしながら、見事不合格という結果に終わりました。やはり、もっとシー
 ズン中、滑り込んでおかなければならなかったと反省しております。なかな
 か思うようにうまく行かないものですね。
 

 これから春シーズンに向けて気分を入れ替えまた元気に仕事に、趣味に活動
 して行きたいと考えている今日この頃です。


 さて、次月のメールマガジンは、「子供の健康管理」をお送りする予定
 です。どうぞお楽しみに!


 ご意見、ご感想などもお寄せください。
  あて先はこちら⇒ beta-science@adeka.co.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★○●○

 ◎発 行 日       :月1回(第三月曜日)
 ◎発 行 元       :株式会社ADEKA 新規事業推進室
 ◎発 行 人       :βグルカン総合研究所編集室
 ◎βグルカン総合研究所HP
           → http://www.black-yeast.info/
           → http://www.mugi-lab.info/ 
 ◎お問い合わせ :   http://www.black-yeast.info/inquiry/form.html

 Copyright(C) βグルカン総合研究所編集室 All Rights Reserved  
    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★○●