トップページ > メールマガジンのお申し込み > メールマガジンバックナンバー <第18号> 「美的生活☆うるおいマガジン」
黒酵母 βグルカン(ベータグルカン)研究室 - βグルカン(ベータグルカン)総合研究所 - メールマガジンバックナンバー

<第18号>「美的生活☆うるおいマガジン」

              うるおいのある華やかな生活のご提案
    美容健康情報をお届けするβグルカン総合研究所メールマガジン

   ☆  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓   ★ 
   \┏━┫    美的生活☆うるおいマガジン    ┣━┓/  
 ★ ─┃ ┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛ ┃─ ☆
    ┗━━┛                   ┗━━┛ 

        <<<<< 第18号 2010年4月19日 >>>>>>>

 こんにちは!メルマガ編集長のぐるぐるポン太です。

 突然ですが、たくさんの人の前でスピーチをしたり、何かを披露したりする
 のって得意ですか? 得意な人なんてそんなに居ないとは思いますが、この
 私、大の苦手であります!!
 

 苦手なのにそんな機会だけは多くあって、これまでありとあらゆる事を試し
 てきたのですが、全てこれといった解決方法は無かったんです。終わって胃
 が痛くて、しばらく立ち上がれなかったこともありましたし、ポインターを
 持つ手が震えて、左手で震える手を支えながらなんとか発表なんてことも日
 常茶飯事。


 緊張してドキドキする事は仕方がないことだし、そんな自分が可愛いじゃな
 いかと思っていてほとんどあきらめていたのですが、こんな私に救世主が現
 れたのです。


 それは「フラワーセラピー」。
 花のカードを選んで、自分に必要なものをオーリングテストで選択する方法
 です。選んだ花のエッセンスを毎日、数滴飲むだけの簡単な方法で、最初は
 半信半疑でした。花や植物のパワーは信じていたのですが、こんなに簡単に
 克服できるものかなって・・・。


 フラワーセラピーの効果を実証する場は、それからすぐにありました。120
 人の人の前で20分のスピーチをするという仕事です。前日はどうなるか心配
 だったのですが、、、
  

 続きは、のちほどまた!


 さて、「美的生活☆うるおいマガジン」では、読んでて良かったぁ☆と思え
 る情報を、全力でお伝えしていきますので、末永いお付き合いをどうぞよろ
 しくお願い致します。


  ご意見、ご感想もお寄せください。
  あて先はこちら⇒ beta-science@adeka.co.jp
 
  今回も最後までおつきあいよろしくお願いいたします


 ≪編集部からのお知らせ≫

 今回から、「美的生活☆うるおいマガジン」の内容を少し変更します。「麗
 子先生の健康美容コラム」は1ヶ月おきになります。

 また、「ドクター馬渕知子のアンチエイジングアドバイス」では、様々な専
 門ドクターからの声を伺い、皆様のアンチエイジングに役立つと思われる情
 報をお伝えしていく予定です。


○●○★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ★=☆ 美的生活☆うるおいマガジンvol.18 もくじ ☆=★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★○●○

 1「専門ドクターによるアンチエイジングアドバイス 『アンチエイジング』、
   って何なの??」

 2 編集後記(次号予告)


●○●○●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ドクター馬渕知子のアンチエイジングアドバイス 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●○●○●

 ≪ 馬渕知子先生プロフィール ≫

 マブチメディカルクリニック院長。
 専門は内科・皮膚科、分子整合栄養学。

 東京医科大学卒業後、同大学付属病院にて勤務。

 医療分野に栄養学を取り入れ、西洋医学や東洋医学を超えた多方面から治療
 を行っています。

 また、皮膚科医として、皮膚疾患のみならず「美しさ」「アンチエイジン
 グ」を考慮した化粧品や健康食品等の研究を手がけています。
  ⇒ http://www.black-yeast.info/advice/advice.cgi



・第18回、今月のタイトルは、

----------------------------------------------------------------------
 「テーマ:アンチエイジング、って何なの??
----------------------------------------------------------------------

・最近、よく耳にも目にもする『アンチエイジング』。私も、アンチエイジン
 グをテーマに講演を頼まれたりしますが、「アンチエイジングって、何なの
 ?」と改めて聞かれると、少々、回答に困るのが本音です。


・辞書でアンチエイジングを引くと、⇒加齢に伴う症状の予防と治癒。老化防
 止。などと書いてありましたが、皆さんの中では「若返り」のためにするこ
 ととして行き渡っているような気も致します。


・私自身は、十人十色のアンチエイジングが存在して良いと思っています。人
 生は、自分のためにあるものですから、自分が一番、満足して納得する毎日
 を送れるようにするための手助けが、アンチエイジング!!と言う訳です。


・外見重視の方もいれば、中身重視の方もいらっしゃるし、早くリタイアして
 のんびり派もいれば、バリバリに働いていたい方もいる。趣味だって、嗜好
 だって、人それぞれですよね。


・でも、気持ちはやりたくても、実際には身体の外も内もついて行かない・・
 と言うのでは悲しい限りでしょう。


・アンチエイジングの歴史は、日本ではまだまだ日が浅いと言うこともあり、
 各分野で色々な人が色々なことを提唱しているのが現状です。が、逆に、こ
 れを利用しない手は有りません。


・自分に必要な情報を集めて、上手く利用する。これで、テーラーメード・ア
 ンチエイジング、自分だけのアンチエイジング・プログラムが完成する訳で
 す。


・情報が多いと言うことは、間違った情報もそれなりに流れているということ
 ですから、見極める力は必要ですが・・・。


・ここでは、身近で役立つアンチエイジング情報を御紹介していきます。自分
 にピッタリの情報を活用して、とっておきの自分を演出できる手助けになれ
 ばと思っています。


----------------------------------------------------------------------
 「テーマ:やっぱり、気になる『肌』・・・
----------------------------------------------------------------------

・「幾つになっても、綺麗でいたい?」と思うのは万国共通なのでしょう。ど
 こへ行っても、相談を受ける上位にランキングされるのは、やはり「肌」の
 ことです。


・肌の一番の特徴は、なんと言っても「人目につく」こと。誤魔化しが利かな
 い性質を持っているのが肌なのです。


・この肌を痛めつけたり、老化に追いやる原因は、紫外線や乾燥、化粧品や大
 気汚染などの外側からの攻撃因子と、栄養欠損、ホルモン・バランスの乱れ
 や加齢などの内側からの因子に大別されます。


・ですから、本来の肌のケアには、外側から内側から、両方が重要になる訳で
 す。


・ただ、「肌は人目につく」臓器だと言いましたが、別の見方をすれば、常に
 身体の外側で色々な刺激を受けている臓器とも言えます。外側からの攻撃因
 子対策が出来ているかどうかは、ダイレクトに肌に現れてきてしまうので
 す。


・そんな外部からのダメージ3大因子と言えば・・・
 1.紫外線による光老化
 2.肌細胞の酸化
 3.肌の乾燥


・如何でしょうか。分かってもいても、意外といい加減なケアをなさっている
 方も多いのではないでしょうか。


・まずは外からの肌ケアをバッチリ頭に入れることが、今後の肌年齢を大きく
 左右するのは言うまでもありません。


○●○★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 編集後記

 フラワーエッセンス実証の場はすぐにやって来ました。120名の前でのス
 ピーチです。


 なぜなのか、マイクを持って話したい!と思いました。いつもならマイクを
 持って話すことはしません。なぜなら、左手でマイクを持つと、ポインター
 を持つ震える右手を支えられないからなんです。
 

 スピーチの最中、聞いてくださってる皆さんの顔を見たり、時計を確認した
 りという、信じられないほど落ち着いた私が居て、途中でウケを狙ったスラ
 イドも使いました。


 それでも上手なスピーチではなかったと思いますが、こんな自分は始めての
 経験です。「フラワーエッセンス」の効果だと、直感しました。このセラ
 ピーは、医学的には実証されていないかも知れません。


 でも、オーリングテストでは明確に、自分の身体が拒否するものと、受け入
 れるものがあるのです。全ての人にこのセラピーが有効ではないかも知れま
 せんが、「飲むだけ」という簡単な手段であることも気に入りました。


 フラワーセラピストの先生に、本当に感謝です。「フラワーセラピーで変化
 を起こすのではなく、本来の自分を取り戻すこと」なのだそうです。これか
 ら本来の自分を取り戻していったら、一体どうなっちゃうんだろう!! な
 んて、とんでもない妄想が膨らんで行く私でした。


 さて、来月は「脳と健康管理」です。

  ご意見、ご感想などもお寄せください。
  あて先はこちら⇒ beta-science@adeka.co.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★○●○

 ◎発 行 日       :月1回(第三月曜日)

 ◎発 行 元       :株式会社ADEKA 新規事業推進室
 ◎発 行 人       :βグルカン総合研究所編集室
 ◎βグルカン総合研究所HP
           → http://www.black-yeast.info/
           → http://www.mugi-lab.info/ 
 ◎お問い合わせ :   http://www.black-yeast.info/inquiry/form.html

 Copyright(C) βグルカン総合研究所編集室 All Rights Reserved  
    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★○●