トップページ > メールマガジンのお申し込み > メールマガジンバックナンバー <第16号> 「美的生活☆うるおいマガジン」
黒酵母 βグルカン(ベータグルカン)研究室 - βグルカン(ベータグルカン)総合研究所 - メールマガジンバックナンバー

<第16号>「美的生活☆うるおいマガジン」

              うるおいのある華やかな生活のご提案
    美容健康情報をお届けするβグルカン総合研究所メールマガジン

   ☆  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓   ★ 
   \┏━┫    美的生活☆うるおいマガジン    ┣━┓/  
 ★ ─┃ ┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛ ┃─ ☆
    ┗━━┛                   ┗━━┛ 

        <<<<< 第16号 2010年2月16日 >>>>>>>

 こんにちは!メルマガ編集長のぐるぐるポン太です。
  とうとう冬期オリンピックが始まりました。
  どんな種目であっても、一流選手の動きには感動があって、特に思い入れが
  なくても、ボーッとテレビにかじりついてしまいそうです。

  大会2日目にあった、フリースタイル女子モーグルは観戦しましたか?
  上村選手は、今回も表彰台を逃してしまいましたネ。
  すごく応援していただけに、上村選手の涙にもらい泣きして、テレビの前で
  “うるうる星人”になってしまいました。

  4年前の彼女の言葉が思い出されます。
  「どうしたら表彰台に乗れるのか、謎です。」
  彼女はどんな思いで、今回のオリンピックに臨んだのでしょう。
  トップアスリートの精神力、プレッシャー、ストレスってどんなものなので
  しょう。

  考えただけで、色んな種類の涙が出てきます。
  なぜこんなに涙もろくなったのか・・・。歳のせい?
  調べてみました。

  続きは、のちほどまた!

  さて、「美的生活☆うるおいマガジン」では、読んでて良かったぁ☆と思え
  る情報を、全力でお伝えしていきますので、末永いお付き合いをどうぞよろ
  しくお願い致します。

  ご意見、ご感想もお寄せください。
  あて先はこちら⇒ beta-science@adeka.co.jp
 
  今回も最後までおつきあいよろしくお願いいたします


○●○★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ★=☆ 美的生活☆うるおいマガジンvol.16 もくじ ☆=★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★○●○

 1 麗子先生の健康美容コラム「テーマ:受験勉強の疲れを取る」

  2 「ドクター馬渕知子のアンチエイジングアドバイス」のご紹介

 3 編集後記(次号予告)


●○●○●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          麗子先生の健康美容コラム 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●○●○●

・黒酵母麗子のプロフィールについては、黒酵母βグルカン研究室のHPをご
 覧ください。⇒ http://www.black-yeast.info/


・第16回、今月のタイトルは、

----------------------------------------------------------------------
 「テーマ:受験勉強の疲れを取る」
----------------------------------------------------------------------

≪その1≫・・・「受験シーズン真っ盛り」

・2月も後半にさしかかってくると、受験シーズン真っ盛り、多くの高校、大
 学受験生がラストスパートをかけ、頑張っているかと思います。受験校の選
 定にもよりますが、受験日程が長い受験生では1月中旬から3月中旬まで、
 約二ヶ月間、短くとも約一カ月近くも強いストレスにさらされます。


・今月のコラムは「受験勉強の疲れを取る」として、受験勉強を乗り切るため
 のポイントをお伝えいたします。


・そのポイントは大きくは以下の3点です。

 (1)受験当日のために力を蓄えさせる。
 (2)ストレスは早めに発散、結果にこだわらない。
 (3)免疫力を高く保ち、どんな環境でも負けない体をつくる。


・それでは詳しくご説明いたしましょう。


≪その2≫・・・「受験当日のために力を蓄えさせる」

・受験生はこの一年間、この受験本番の日のために必死に準備をしてきまし
 た。ここで大事なことは、健康を保ちどれだけ全力を出し切れるか、そして
 その気力が持続できるかが勝負です。そのためには、脳を活発化させる栄養
 分が必要です。


・脳は気分を高め積極性を増す興奮性の伝達物質とそれを抑制する伝達物質の
 微妙なバランスで成り立っています。どちらの物質も脳内で、肉・魚・豆類
 のたんぱく質が分解されてできたアミノ酸からつくられています。


・また、ビタミンやミネラルは酵素の働きを助けますが、不足すると酵素が機
 能しなくなることで、アミノ酸から伝達物質への変換がうまくできず、脳は
 伝達物質不足で頭がボーッとする、気分が落ち込む、やる気も出ない状態に
 なります。


・このように栄養素は網の目のように絡み合って働いていますので、バランス
 が大事なのです。


・脳のエネルギー源はブドウ糖だけなので、脳が円滑に働くには血液中のブド
 ウ糖レベルが適度な範囲におさまらなければなりません。多すぎても少なす
 ぎてもだめなのです。


・ブドウ糖が脳に適切な量だけあれば、記憶力、注意力、物覚えがよくなり穏
 やかな気持ちになります。また、難問解決したり新しいことを学ぼうとする
 時、多くのブドウ糖が消費され、記憶を司る海馬に伝達物質が放出され、記
 憶作業が実行されます。


・また受験勉強中の気分転換には、適度な砂糖入りコーヒーや、少量のチョコ
 レートは有効ですが、摂りすぎや、ジュース、砂糖が多く使われている清涼
 飲料水、缶コーヒー、お菓子は血糖値が急上昇し、インシュリンの大量分泌
 を促進し、その結果、今度は急激に血糖値が低下することで、低血糖状態に
 陥ります。


・低血糖になると空腹感、脱力感に襲われ、脳が働かず、眠くなり、あくびが
 出てくる。記憶力、理解力も低下します。


≪その3≫・・・「ストレスは早めに発散、結果にこだわらない」

・受験勉強をしていると焦りや不安など精神性のストレスが溜まってきます。
 自らうまくストレスを解消できればよいのですが、両親や周囲の期待を背負
 い大きなストレスを抱えてしまう可能性があります。


・そこに低血糖状態が加わると、血糖値を急激に上げようと副腎髄質からアド
 レナリンとノルアドレナリンを放出し、交感神経を興奮させることで戦闘態
 勢に入ります。この状態が「キレた」状態です。


・塾通いや勉強で、夕食前の間食に甘いお菓子やジュース類を摂ることで「キ
 レる」状態になりやすくなります。それを防ぐためには「低GI値」のおや
 つ(バナナ、ナッツ類、ヨーグルト)に替えてみましょう。


・重要なことは、ストレスや疲労を軽いうちに取り除き、次のテストではベス
 トな健康状態で望むことです。気持ちを新たに取り組むことが良い結果に繋
 がるのではないでしょうか?


≪その4≫・・・「免疫力を高く保ち、どんな環境でも負けない体をつくる。」
・受験期間中はストレスやプレッシャーで疲労もピークに達し、免疫力が低下
 しやすい状況になっています。受験を乗り切るためには強い精神力と体力が
 必要です。そのためには常に高い免疫力をキープすることが大事です。


・免疫力を高めるには腸内環境を整え、ナチュラルキラー(NK)細胞を活性
 化することが大切です。玄米や雑穀米、野菜や海藻、キノコ類にはビタミン
 ・ミネラルの他、食物繊維が豊富に含まれているので、積極的に摂り入れま
 しょう。


・最後に受験当日のワンポイントアドバイスです。脳を一気に目覚めさせるに
 は唐辛子に含まれるカプサイシンなどの、スパイス類が有効です。刺激を感
 じた脳からは、「覚醒物質」ノルアドレナリンが放出され脳のリフレッシュ
 になり、同時に「脳内麻薬」のβエンドルフィンも放出されるので心地よく
 なり、緊張した気持を緩めることもできます。


今月の麗子の一言:

受験勉強にもβグルカン!
================================================

○●○★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      今月の「ドクター馬渕知子のアンチエイジングアドバイス」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★○●

 「βグルカン総合研究所」ウェブサイト内にある、「ドクター馬渕知子のア
  ンチエイジングアドバイス」コーナーでは、身近で役立つアンチエイジング
  情報を馬渕先生に教えてもらいます。

  今回は、「今なら間に合う“花粉症”対策」です。
 スギ花粉症の方は、これからが戦いですよね。
 早めの対策が一番といいますが、これからでも間に合います。
 ツライ季節が到来しますが、花粉に負けずに元気に過ごしましょう!

 馬渕先生のアンチエイジングアドバイスはこちらから
  http://www.black-yeast.info/advice/advice.cgi

 【馬渕知子先生のプロフィール】
  マブチメディカルクリニック院長。
  専門は内科・皮膚科、分子整合栄養学。
  東京医科大学卒業後、同大学付属病院にて勤務。

  医療分野に栄養学を取り入れ、西洋医学や東洋医学を超えた多方面から治療
  を行っている。

  また皮膚科医として、皮膚疾患のみならず「美しさ」「アンチエイジング」
  を考慮した化粧品や健康食品等の研究を手がける。


○●○★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 編集後記

  「歳のせいか、涙もろくて」という言葉は、常日頃いろんな人の口から出て
  きます。
  どうして歳をとると、涙もろくなるのか?
  筋肉の衰えと同時に、涙腺も緩んでくるのか?
  ・・なんて考えていましたが、どうやら本質は違うようです。

  人間は歳をとるごとに、様々な経験をしていきます。
  他人の感情がこれまでの自分自身の経験と重なり、自分に置き換えて理解す
  ることができるようになるため、より現実的に感動や悲しみが湧き起こるの
  だそうです。
  確かに子供の頃はテレビを見ていて、「どうして泣いているの?」なんて、
  母親に尋ねたりした事がありましたよね!!
  オトナって素敵だなぁ・・と思いました。

  冬期オリンピックの感動で、しばらく“ウルウル星人”になりそうです。(笑)
  会社員としては、夜のハイライト版で楽しむしかないのがツライところです
  が、もし生中継が夜中だったとしたら、寝不足になること間違いないので、
  健康には良いかもしれません。

  さて、来月は「花粉症対策」をテーマにお伝えします。

  ご意見、ご感想などもお寄せください。
  あて先はこちら⇒ beta-science@adeka.co.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★○●○

 ◎発 行 日       :月1回(第三月曜日)
 ◎発 行 元       :株式会社ADEKA 新規事業推進室
 ◎発 行 人       :βグルカン総合研究所編集室
 ◎βグルカン総合研究所HP
           → http://www.black-yeast.info/           
           → http://www.mugi-lab.info/ 
 ◎お問い合わせ :   http://www.black-yeast.info/inquiry/form.html

 Copyright(C) βグルカン総合研究所編集室 All Rights Reserved  
    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★○●